M-Quelle

愛してる音楽たち。
<< 愛のロマンス | TOP | 桜 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | author スポンサードリンク | - | -
特定のCDではないけれど、印象派がとても好き。
ラヴェル、ドビュッシー、サティとか。
古典派、バロック、ロマン派も好きだけれど、今一歩及ばない感じ。
自分が美しく演奏出来ればもっと素敵なのだけど、世界観を破壊しそうで怖い。
ちょっと言い訳ですね。

浮遊感はあるけれど、主観を大切にするからどこか人間くさくて現実味を帯びてる。
それが堪らなく好き。


せめて、できれば結婚するまでに大好きな次の3曲くらいはきちんと弾けるようになりたいなぁ。

●ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ
何度繰り返して聴いても飽きないくらい好き。
●ドビュッシー:月の光
私の印象派好きの原点だろうな。
●サティ:ジムノペティ3番
どこか連れていかれる。

もっと上手ならドビュッシーの版画やベルガマスク全曲とか、ラヴェルの水の戯れとか。
遥か遠い。憧れの域。

とりあえず手近なものから。
- | 03:20 | author 和泉 | comments(0) | trackbacks(0)
- | 03:20 | author スポンサードリンク | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://izumi-mq.jugem.jp/trackback/5
トラックバック