M-Quelle

愛してる音楽たち。
<< prime number | TOP | 印象派 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | author スポンサードリンク | - | -
愛のロマンス



女性声楽家5人組のアカペラ・アンサンブル。

従来とはちょっと違い、クラシックの名曲を斬新なアレンジで歌います。
その編曲の個性と、ビブラートを控えた抑制と均整の取れた声が魅力です。
5人の個性は全く違うのにうまく絡み合って、声だけの世界を作っています。
そんな彼女らの演奏に対してよく言われる形容が「天上の音楽」。
さあ、それは耳で確かめてください。
個人的には、こんな美しい音楽を地上で耳にすることができるなら、
人間は天上への道をも作る、素晴らしい存在だと信じることはできます。

そして、人の声は極上の楽器、それも名器なのだと思います。
誰もがその名器を持ち、またそれが唯一のものです。
そんなことをつれづれと感じるにつれ、私も磨きたいなぁと思います。

そんな彼女らの、一般的に親しみやすい曲が多い5枚目のアルバムです。
1.愛のロマンス(スペイン民謡)
2.カノン(パッヘルベル)
3.別れの曲(ショパン)
4.ロンドンデリーの歌(アイルランド民謡)
5.歌劇「ジャンニ・スキッキ」〜私のお父さん(プッチーニ)
6.アヴェ・マリア(シューベルト)
7.交響詩「わが祖国」〜モルダウ(スメタナ)
8.トロイメライ(シューマン)
9.我が母の教え給いし歌(ドヴォルザーク)
10.愛の歓び(マルティーニ)
11.パラダイス(書上奈朋子)
アンサンブル・プラネタ | 01:10 | author 和泉 | comments(0) | trackbacks(0)
- | 01:10 | author スポンサードリンク | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://izumi-mq.jugem.jp/trackback/4
トラックバック