M-Quelle

愛してる音楽たち。

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | author スポンサードリンク | - | -
小松未歩の8枚目のアルバムです。
私にとって究極のスルメソング集になりました。
プライベートの変化に合わせて、心にずっしりハマりこんでしまいます。
未歩さん、凄い…!

おすすめは

恋になれ...
不機嫌になる私
向日葵の小径
アナタノ手

- | 17:18 | author 和泉 | comments(8) | trackbacks(122)
リベラリベラ

リベラ ワーナーミュージック・ジャパン 2000-02-23

売り上げランキング : 4420

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


LiberaがLiberaとしてリリースした初のアルバムです。
Libera、ラテン語で「自由」「解き放つ」の意味。
ゲーム音楽的だともたびたび言われていますが、
ポップ感が前面に出されていて、
リベラらしい透明さとのびのびした躍動感に溢れています。
よくも悪くも持ち味が粗削りながら世界として広がる、強烈な作品です。
続きを読む >>
Libera | 00:04 | author 和泉 | comments(0) | trackbacks(0)
Libera free-CD-〔送料無料キャンペーン中〕

Liberaの3枚目のアルバムです。
どのアルバムも完成度が高くて正直いちばんは決めがたいのですが、
もしLiberaを知らない人に一枚だけ紹介するならこのアルバムを挙げます。

都合により最後に手に入れたアルバムです。
一曲目からいい意味で裏切られ、鳥肌ものでした。
続きを読む >>
Libera | 02:29 | author 和泉 | comments(0) | trackbacks(0)
This Armor(ディス・アーマー)



鬼束ちひろの2枚目のアルバム。
いちばんバランス感があって聞きやすいと感じます。
他のアルバムほどいい意味でクセがないので・・・万人向けかな。
彼女が好きな私にとっては、クセやアクが強い方が好きですけどね。

続きを読む >>
鬼束ちひろ | 11:23 | author 和泉 | comments(0) | trackbacks(0)
桜

ZABADAK イーストウエスト・ジャパン 1993-01-25
売り上げランキング : 7,241
Amazonで詳しく見る
by G-Tools



今は一人のzabadakの、まだ二人でしてた時代最後のアルバムです。
二人の才能がぶつかりあって、それがまた最後だからかいい意味での気迫を感じます。
とてもとても好きな作品です。

続きを読む >>
zabadak | 00:06 | author 和泉 | comments(0) | trackbacks(0)
特定のCDではないけれど、印象派がとても好き。
ラヴェル、ドビュッシー、サティとか。
古典派、バロック、ロマン派も好きだけれど、今一歩及ばない感じ。
自分が美しく演奏出来ればもっと素敵なのだけど、世界観を破壊しそうで怖い。
ちょっと言い訳ですね。

浮遊感はあるけれど、主観を大切にするからどこか人間くさくて現実味を帯びてる。
それが堪らなく好き。


せめて、できれば結婚するまでに大好きな次の3曲くらいはきちんと弾けるようになりたいなぁ。

●ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ
何度繰り返して聴いても飽きないくらい好き。
●ドビュッシー:月の光
私の印象派好きの原点だろうな。
●サティ:ジムノペティ3番
どこか連れていかれる。

もっと上手ならドビュッシーの版画やベルガマスク全曲とか、ラヴェルの水の戯れとか。
遥か遠い。憧れの域。

とりあえず手近なものから。
- | 03:20 | author 和泉 | comments(0) | trackbacks(0)
愛のロマンス



女性声楽家5人組のアカペラ・アンサンブル。

従来とはちょっと違い、クラシックの名曲を斬新なアレンジで歌います。
その編曲の個性と、ビブラートを控えた抑制と均整の取れた声が魅力です。
5人の個性は全く違うのにうまく絡み合って、声だけの世界を作っています。
そんな彼女らの演奏に対してよく言われる形容が「天上の音楽」。
さあ、それは耳で確かめてください。
個人的には、こんな美しい音楽を地上で耳にすることができるなら、
人間は天上への道をも作る、素晴らしい存在だと信じることはできます。

そして、人の声は極上の楽器、それも名器なのだと思います。
誰もがその名器を持ち、またそれが唯一のものです。
そんなことをつれづれと感じるにつれ、私も磨きたいなぁと思います。

そんな彼女らの、一般的に親しみやすい曲が多い5枚目のアルバムです。
続きを読む >>
アンサンブル・プラネタ | 01:10 | author 和泉 | comments(0) | trackbacks(0)
小松未歩7〜prime number〜

小松未歩の7thアルバム。
等身大の彼女が映し出される音楽は、「あ〜コレわかるな〜」っていう感じが好きです。
毎度のことながら、このアルバムにもとても思い入れがあります。

以下に偏見満載の感想。
続きを読む >>
小松未歩 | 01:26 | author 和泉 | comments(0) | trackbacks(0)
VISIONS/LIBERA

イギリスの少年合唱団、リベラの4thアルバム。
リベラに関して、本当のところ少年合唱というくくりでは表現できません。
美しいです。
続きを読む >>
Libera | 01:19 | author 和泉 | comments(0) | trackbacks(0)
好きな音楽について、ただひたすら愛してるということと偏見のかたまりで紹介&語ってしまおうというブログです。非常に個人的な解釈なので、違和感もたれたら申し訳ないです。もし、私の紹介で個々のアーティストや作品について興味を持っていただけたら、それ以上の喜びはありません。
- | 01:08 | author 和泉 | comments(2) | trackbacks(0)